ダイビングスクールに通う

ダイビングライセンスの取得のためにダイビングスクールに通おう!でも、ダイビングスクールによってライセンス取得のための費用もまちまちだし、きちんとしたダイビングスクールを選びたい!

それ以外にも、ライセンスを取得した後でも割と付き合うことになるダイビングスクールは、この先のダイビングライフを快適で楽しいものになるかを左右するもの。ぜひとも失敗しないで上手なダイビングスクール選びをしてほしい。

ダイビングスクールを選ぶ

ダイビングライセンスの取得には、そのライセンスコースを開いているダイビングショップをまずは選ぼう!

ダイビングライセンスを取得するためにはいくつかの種類に分かれている。その種類は以下の通り。

  • 都市近辺のダイビングショップで取得する
  • 現地のダイビングショップで取得する
  • 国外のダイビングショップで取得する
  • 個人から取得する

ダイビングライセンスを取得するためにはこれらの方法で取得をすることになるが、ダイビングショップはダイビングライセンスを取得する為の場所ではなくこれからも利用することになるので、ライセンスの取得以降の付き合いも考えた上でダイビングショップを選ぶようにしよう。値段が安いからという理由だけでダイビングショップを選ぶのは、後々に後悔することにもなりかねないので気をつけるように。

都市近辺のダイビングショップ

こちらのダイビングショップでは、交通の面で有利。仕事をしながら空いた時間を利用して無理なく講習を受けることが出来るのが特徴。

仕事の都合などでまとまった休みが取れないという方、なるべく近くのダイビングショップに通いたいという方などは、こちらのタイプのダイビングショップを利用するといいだろう。中には、潜る海まで送迎してくれるダイビングショップもあり、器材などを保管、メンテナンスなどをしてくれたりといったサービス面でも充実している。
とりあえずダイビングショップに何もかもお任せしたいという方にもオススメ。

費用を見てみると、サービスなどの面で便利な分、ツアーや講習の費用を高めに設定している場合が多い。

現地、国外のダイビングショップ

現地、国外などのダイビングショップでは、特に海外の特徴として、ライセンス取得の為の費用が安いことが多い。国内の現地のダイビングショップでも割りと安めだ。現地までの交通費は実費となるが、それを踏まえた上でも都市型のダイビングショップの費用よりも安いところもある。

ただ、現地でのライセンス取得は、特に海外の場合だとまとまった休みが必要になるほか、日程もぎっちりと組まれていることも多いため自由な時間も少ない。更に、どちらかというと短期集中の講習となっているため知識、技術がしっかり理解、習得できていないまま取得してしまうということも多い。

現地までの費用も実費だが、器材などの荷物全般の持ち運びも自分で行う必要があり、現地のショップへ着くころには疲れていることも多い。

個人のインストラクター

ダイビングショップを利用せずに、個人のインストラクターから講習を受けてライセンスを取得する場合。

こちらの場合では、ダイビングショップを運営していない為、費用は格安!

その反面、個人の方にお願いする為、インストラクターのスケジュールの都合で講習が組まれていることが多く、自分の空いた時間を使うということができない。
また、インストラクターにどうしても講習を続けることができないような状況に陥ってしまった場合、代わりのインストラクターがいない為、講習を続けることが出来なくなってしまうこともある。

じっくりと検討して選ぶ

ダイビングライセンスの取得にはいろいろな方法があるが、やはりきちんと情報を集めて自分の都合などと相性の合うダイビングショップを選ぶ。情報を集めるだけじゃなく、実際にダイビングショップに足を運んでみるのもいいだろう。ダイビングショップの店内の雰囲気やスタッフの対応など、足を運んでみて初めて分かる情報などの出てくるはずだ。

スキューバダイビングはとても危険なスポーツである。ライセンスの取得を値段が安いからという理由でいいかげんなダイビングショップでダイビングライセンスを取得してしまうと、自分の命の危険に十分に関わってしまうことを覚えておこう。何より、安全で快適なスキューバダイビングをするためのダイビングライセンスの取得である。

Favorite

2017/12/14 更新