沖縄のダイビングスポット

沖縄でスキューバダイビングを楽しむ絶好のポイントを紹介しよう。スキューバダイビングを始めたなら一度は体験して欲しいダイビングポイントだ。沖縄のダイビングポイントはいくつかあるので、北部と中部、南部で分けて紹介。

北部のダイビングポイント

パンプキン

こちらのポイントは初心者にオススメのボードダイビングで、パンプキンの名前の通り、カボチャに良く似たアオサンゴの仲間がある。ハナゴイ、キンギョハナダイがよく見ることが出来、オニダルマオコゼもよく泳いでいる。他にもニチリンダテハゼ、ヒレナガネジリンボウなども見られる。一番深いところで12メートルほど。

崎本部

講習なでで使用するポイントとして初心者の方などにはとても最適なポイント。浅めになっていて、地面が砂なのでビーチダイビング、ボートダイビングともに可能。ところどころに巨大な木の根があり、ロクセンスズメダイ、ミツボシクロスズメダイなどの魚が泳いでいる。深さは10メートルほどとなっている。

キャメル

こちらも初心者にオススメのボートダイビングのポイントで、大きな穴が開いていて、その長い穴にキンメモドキが群れで泳いでいるのが見られる。その周囲には、30cm程はあるカサゴたちも見られて、穴で泳いでいるキンメモドキの群れをじっと狙っている。こちらのポイントはサンゴもたくさんあって、スズメダイの仲間も見られる。

アザミ珊瑚

初心者から楽しめるボートダイビングのポイント。島から続くリーフが急斜面になっているポイント。大きなアザミサンゴの固まり、シマダコやワモンダコなどが見られる。キビナゴもリーフの窪みに群れで見られるため、アジ、カツオもよく見られるポイント。最大深度は25メートル以上ある。

カナン崎ドーム

ドームのようにぽっかりと口の開いているボートダイビングのポイント。このドームの中には、トンネルがいくつかあり、それと水面に向かって開いている穴もあって、そのドームの中を自由に出入りできる。ミノカサゴやサザナミヤッコ、タテジマキンチャクダイなどが頻繁に見られる。また、このドームの外ではカスミチョウチョウウオも泳いでいる。最大深度は30メートルほど。

中部のダイビングポイント

カリフォルニアサイド

現地のサーファー達の間でこう名付けられている。60メートルあたりの沖にいくとクレパスや少し複雑な形をした根があって、海底の楽しみもある。 また、ソフトコーラルも色鮮やかでとても美しい。魚の種類も豊富で、浅いポイントではベラやスズメダイが泳いでいて、深いポイントではハゼやヒレナガネジリンボウも見られる。最大深度は23メートルほど。

砂辺

このポイントの近くでは沖縄そばの「浜屋」がある。ここでは初心者や上級者といろんなレベルのダイバーたちが気軽に潜っていて、ダイビング体験や講習にも使用されるポイントで人気がある。 最大深度は20m前後ほど。透明度は15mくらい。このポイントではソフトコーラルが広がっており、それは「お花畑」とも呼ばれていて一度は見ておきたいところだ。

渡具知の沈船

このポイントは嘉手納漁港から船で5分くらいのところにあって、近場のポイントでは割と珍しい沈船がある。沈船は大きくはないがクレパスの間にプレジャーボートがはさまっていて、形をしっかりと残している。ハナミノカサゴやスカシテンジクダイなどがその船の中を自分達の住処にしていて見る事が出来る。

南部のダイビングポイント

水源地

中級者以上から楽しめるボートダイビングのポイント。近くには水が湧き出ている場所があることから名づけられている。このポイントの魅力として透明度の高さがあり、そのグランブルーな世界はとても美しく、そこに林立する巨大な岩の周囲をツアー。地形が穴や迷路状になっているのが多いため、水中ライトを照らしてのアドベンチャーのダイビングだったり、差し込む光が地形を美しく映し出して幻想的な世界の中を漂ったり、飽きのこないダイビングが楽しめるのではないだろうか。また、最大深度は30メートルほどもあり、根の下まではとても深いので、深度計と中性浮力のコントロールにはしっかりとした配慮が必要になる。

タッチュー

タッチューとは沖縄の方言で、そびえ立ったもののことを表すのに使う。上級者から楽しむことが出来る、那覇からボートを使って30分くらいにあるポイント。

神山島の北側にあって、そこには水深40mからそびえ立った隠れ根がある。運がよければその根の周り一面が水族館のような状態に出会える。50cmものガーラ(ギンガメアジ)が数100単位で見られたり、ツムブリやイソマグロ、ニザダイなどが、それぞれに大群で見られたりする。県魚であるグルクン(タカサゴ)も大群で泳いでいる。

そんな素晴らしい光景を楽しめるのだが、根はトップでも水深28m前後あり、ディープダイビングの十分な経験とマルチレベルダイビングのスキルが必須だ。更にダイブコンピューターも欠かせない。また、海況によってエントリーができないシビアなポイントでもある。

recommend

Last update:2017/11/30