スキューバダイビングを楽しむ!

ライセンスも無事に取得でき、スキューバダイビングを始めてみたものの、あまり長く続かないという方が割りとと多いようだ。スキューバダイビングはライセンスを取得できても半年以上、海に潜るのをやめてしまうと今までの技術も忘れてしまってあっという間に素人同然にまでなまってしまうもの。せっかくスキューバダイビングを始めたのだからたくさん潜って欲しいし、できるだけ長く続けて欲しいものだ。この項目ではそのポイントを紹介していこう!

初級〜上級のコース

よくスキー場などでは初心者の方のために、あるいは上級者が滑るようにとそれぞれコースが設置されている。

それと同じように、スキューバダイビングでも、初級者、中級者、上級者とそれぞれコースが用意されている。例えば初級者のコースだとライセンス取得の際の、波もおだやかでほとんど無い状態で、潮の流れも無いような海がそれだ。

それからだいたい20ダイブくらい経験を積むと、初級者よりも更に楽しめるところへいけるコースの中級者コースとなる。潮の流れも出てきて、20メートル以上の水深の海へと潜れるようになる。珊瑚が海底一面にあって着底が禁止されているような技術を必要とするポイントなどもある。

そして更に上級者のコースになると、50〜100ダイブを必須とする限定されたコースが多くなってきて、必要なライセンスのランクも決められている。一段と流れの速いポイントだったり、水深40メートルものとてつもなく深い海だったりとかなりのスキルが求められるポイントが多い。

このように、それぞれダイバーのスキルでコースの種類があるが、初級者でも取得しているライセンスのランクが決められているポイントがある場合など、そのポイントポイントでいろいろ違いがあるので、潜る前には付き添いのインストラクターの案内、指示にきちんと従うようにすること。

海はとても広くていろんなポイントがある。あなたを驚きと興奮させて感動させることがたくさん待っているはず。ぜひスキルを身につけていろんな海へスキューバダイビングへ出かけてみよう!

スキューバダイビングの種類

スキューバダイビングの楽しみ方としていろんなダイビングができるのも魅力だ。いろいろ紹介していこう。

ファンダイビング

これは基本的なダイビングのことを言っていて、ファンは英語で楽しむということから、講習でのダイビングなどを除く全てのスキューバダイビングはファンダイビングになる。

ビーチダイビング

船から海に潜るのではなく、海岸から海に歩いていって入るダイビングをビーチダイビングという。このスタイルでのダイビングは基本的に水深が浅めの海の場合がほとんどで、講習でのダイビングでもこのビーチダイビングのスタイルが多い。

ボートダイビング

南の島のような遠浅になっている海で迫力ある海を楽しむ場合はこちらのボートダイビングをお勧めする。ビーチダイビングよりも水深が深くなっていて、潮の流れも速い場合もあるので、ある程度スキューバダイビングに慣れてからにしておいたほうが良いだろう。

ただ、きちんと十分な注意が出来ているのなら、こちらのボートダイビングは楽でもあるし、とても迫力あるスキューバダイビングが楽しめるスタイルだ。

ナイトダイビング

これは見たまんまで夜にダイビングをすること。このナイトダイビングは日中のダイビングとは神秘さが一段と増してとても幻想的な空間となっている。夜の海の独特の世界はスキューバダイビングでしか楽しむことができないのでオススメ。

ケーブダイビング

海中に存在する洞窟をケーブといって、そこを探索するダイビングのことをケーブダイビングという。子供のころに山奥の洞窟を探検したようなワクワクとスリルが海中でも楽しめる。陸とはまた違った景色でとても楽しめるダイビングだ。

沈没船ダイビング

海に沈んだ船を探索するダイビング。スキューバダイビングの魅力が十分に詰まったダイビングスタイルだろう。そこにはいろいろな生物も住み着いていて、かつて人間が生活していた建築物の成れの果てを楽しめるダイビングだ。

ドリフトダイビング

ボートをアンカーで固定しないままスキューバダイビングをするスタイル。このスタイルは潮の流れにのったままダイビングするので中性浮力をとれているある程度スキルのあるダイバーしかできない。潮の流れは速い場合などもあるため初級者の方は危険なのでやらないように。

流氷ダイビング

他の呼び方としてアイスダイビングともいう。海面の流氷の下の海中を潜るスキューバダイビング。流氷もあることからとてつもなく冷たい海であるが、そんな海でしか味わうことができないような世界が広がっている。暖かい海では見られないような生物もみられるスキューバダイビングだ。

Valuable information

最終更新日:2017/12/14